有害物質を体内から排除

免疫細胞を利用した治療法

カウンセリング

健康な人間であれば誰でも、細菌やウイルスなどの有害物質を体内から排除するシステムを生まれながらにして持っています。これを免疫機構といいます。 この免疫機構を構成する細胞組織を免疫細胞といいますが、免疫細胞にはいくつかの種類があります。その中でも代表的な存在といえるのがNK細胞です。NK細胞はリンパ球の一種であり、ナチュラルキラー細胞とも呼ばれています。 NK細胞は血液中に存在し、有害物質を見つけると迅速に攻撃を開始します。何が有害で何が有害でないかをあらかじめ知っているかのように行動することからナチュラルキラー=生まれながらの殺傷能力を持つ細胞という名が冠されています。 最近、このNK細胞の特性を病気治療に利用しようという考え方が注目を集めています。それがNK細胞療法です。

がんへの攻撃能力を高める

NK細胞療法は、特にがん治療への利用が期待されている治療法です。NK細胞には正常な細胞とがん化した細胞を自ら見分け、がん細胞のみを攻撃する能力が備わっています。正常な人でも、1日あたり数千個のがん細胞がNK細胞によって駆除されていると言われています。NK細胞療法は、このNK細胞の攻撃能力を高めることでがん治療に役立てようとするものです。 具体的な治療法にはいくつかの種類がありますが、共通しているのは患者の血液を採取してその中にあるNK細胞を活性化させ、再び体内に戻すという点です。もともと自分の体内にあった成分を利用するので拒否反応や副作用のリスクが少なく、肉体的負担が軽いという特徴があります。またNK細胞療法は他のがん治療法との併用も可能なため、相乗効果による早期治癒が期待できます。