プラセンタ注射を受けると

診察

大阪には安価でプラセンタ注射、点滴を受けることができる病院があります。プラセンタ治療は若返りや美容に効果があり、シミ、そばかす、しわ、美白に用いられています。医療では更年期障害や肝疾患、アトピーにも効果があります。治療を受けるときに内出血する場合もあるので、注射のあとに押さえて圧迫するのが大事です。

詳しくはコチラ

病気の事実

さまざまな原因で発症する

病院

椎間板ヘルニアという病気は多くの人にとって耳馴染みのあるものですが、一般的には腰の病気というイメージが強くなっています。ただし、中にはそうでないものもあります。 もともとヘルニアとは出っ張りとか突起というほどの意味の言葉です。一方、椎間板とは脊椎を構成する椎骨の間に存在する緩衝材のような部位で、脊椎の上から下まで万遍なく分布しています。このうち、特に頸椎部分に発症するヘルニアを頸椎椎間板ヘルニアといいます。比較的知られていない病気ですが、腰部の椎間板ヘルニアに比べて目立って発症率が少ないというわけでもないので、知名度が上がるにつれて理解が進むものと予測されます。 頸椎椎間板ヘルニアは加齢・強い負荷・遺伝などさまざまな要因が複合して発症すると言われています。まれに脱臼などから引き起こされることもあります。

手足の痛みや麻痺が主症状

椎間板は先にも述べたとおり椎骨と椎骨の間に存在しますが、組織が劣化したり強く圧迫されたりすると中身が飛び出して近くを走っている神経を刺激することがあります。これが椎間板ヘルニアです。頸椎は全部で7つありますが、頸椎椎間板ヘルニアはこのうちのどの部分にも発症する可能性があります。 頸椎椎間板ヘルニアの主な症状は、手足の痛みやしびれ、麻痺などです。症状は片側のみの場合もあれば両側に起こる場合もあります。頸椎の動きに伴って痛みの強さや痛む場所が変わるのが、一般的な筋肉痛などとは異なる特徴となっています。 頸椎椎間板ヘルニアの治療は、装具で頸部を固定するなどの保存療法がメインとなります。最近の研究では時間が経つとヘルニアが自然吸収されることが分かっているため、安静にしていることが何よりの治療となります。

有害物質を体内から排除

カウンセリング

NK細胞療法とは免疫細胞の一種であるNK細胞(ナチュラルキラー細胞)の活性を高め、悪性の組織を攻撃させることでがん細胞を撲滅することを目指す新しい治療法です。身体にやさしく、他の治療法とも併用できるという特徴を持っています。

詳しくはコチラ

病気の怖さを知ろう

医者

潰瘍性大腸炎は大腸に潰瘍が出来てしまう病気であり、遺伝的なものと日頃の生活習慣の乱れが合わさることで発症すると言われている病気です。大腸への負担を減らすため、食事に気を付ける必要があり、脂っこいものや辛いものは厳禁です。

詳しくはコチラ